hirohom lab. Vol.02
人生を切り開くマインドセット
irohazum 佐野五月


2020年6月5日(金)|21:30〜23:00
@Zoom

主催:hirohom
協力:irohazum / MILKIT DESIGN

受付は終了しました。
120名の皆様にご来場いただきました。

hirohom lab.トップへ戻る  

GUEST SPEAKER
ゲストスピーカー

佐野五月 写真

irohazum 佐野五月
(でざいん姉さん)

これまでの40年の人生を振り返りながら、どのように人生を切り開き、マインドセットが変わっていったのかをお話しします。

キャリアに限らずプライベートまで理想とは違う現状に悩んでいる方は少なくないと思います。
結論から言うと、若い頃の私が思い描いていたキャリアプランや理想のプライベートは全て叶いませんでした。当時は全てを環境と他人のせいにしていました。

「自分の環境に違和感を持つ日々」
家庭環境から進学と上京を諦め地元で就職。都会に比べて地方ではデザインを求められないケースも多く、理想のデザイナー像を追う私には辛い環境でした。
25歳で結婚するも不妊症であることが判明し不妊治療をするも願いは叶わず離婚。母になる夢も叶いませんでした。
地元で独立するも失敗。その後、お世話になった方の会社を手伝うことになります。ネガティブな言葉が飛び交う環境、デザイナーの自分を全否定されたこと、長時間労働、追い打ちをかけるように悲しい出来事もあり遂に体調を崩し数ヶ月引きこもることになります。

「全て環境と他人のせいにしていた」
長い間引きこもって気付いたことは、上手くいかなかった原因全てを環境や他人のせいにしていたこと。「これからは自分の人生は自分で決めたい」35歳で周りの反対を押し切り仕事もない状態で単身福岡へ移住。初めて地元を出ました。

移住してすぐに勤務した企業では皆んなが生き生きと仕事をしていて、徐々に心が救われていきます。
以前の思考であれば、その姿にも気づくことが出来なかったかもしれません。自分の心の持ちようで人や物の見え方が変わることに気づきました。
この経験からマインドセットを重要視するようになります。

「ポジティブ思考」
小さな喜びを増やし自己肯定感を上げることで出会う人が変わり仕事も上手くいくようになりました。
価値観や経験から形成されるマインドセットは周囲の他者にも伝染すると言われています。以前の経験から「自分は明るく太陽のような存在でいよう」と決めました。同じように悩まれている方の何かのヒントやきっかけになれればと思っています。

noteアイキャッチ画像

デザイン姉さんの詳しすぎるプロフィール

ブログ  

ARCHIVE 
ウェビナーアーカイブ

『人生を切り開くマインドセット』についてはアーカイブ動画は一般公開しないことになりました。
佐野五月さんの幼少期から今日までのかなりプライベートな内容までお話しいただいているためです。
ご理解とご協力をお願いいたします。